読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MPEG-7

そもそもMPEGって何?
MPEGとはISO(国際標準化機構)の「Moving Picture Expert Group(動画の専門団体)」による規格のこと。

MPEG-7はMPEG-1,2,3などとは異なり、動画データのエンコードが目的ではなく、XMLをベースとしたメタデータ記述によるマルチメディアデータの高速な内容検索を目的としている。 MPEG-7は、IOSで策定された、マルチメディアコンテンツを有効に検索するための記述方法に関する国際標準規格である。

ちなみに正式名は「multimedia content description interface」とのこと。

MPEG-7のアプローチ
MPEG-7は大きく二つの方法からアプローチしている。

一つは、コンピュータで処理が可能な信号レベルの特徴を記述しておき、自動的に抽出した特徴と照合する方法である(記述子)。
ex) 色ヒストグラム、輪郭線分布、色分布、オブジェクト形状など

もう一つは、人間が判断した特徴をメタデータとして映像に埋め込んでおくといった方法である(記述スキーマ)。
ex)野球の映像でそれぞれのシーンごとに、試合日、イニング、球場名、球種、バッティング結果など