読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APIとは?

APIってよく聞きますが、きちんと理解している人は意外と少ないのではないかと思います。

今日はAPIについて簡単にでも分かるように書きたいと思います。

APIとは
wikipediaの説明では
アプリケーションプログラミングインターフェース(API, Application Programming Interface)とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやり取りするのに使用するインターフェースの使用である。

ん??どういう意味や。簡単に言うと「アプリケーションをプログラミングするためのインターフェース」という意味になります。
このインターフェースを共有することでもあります。

APIとはソフトウェアの機能を共有すること
APIは自分のソフトウェアを一部公開して、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたものです。

ソフトウェアの一部をweb上に公開することによって、だれでも  外部から利用することができるようになります。

それによって、自分のソフトウェアに他のソフトウェアの機能を埋め込むことができるようになるので、アプリケーション同士で連携することが可能になる。

API」=「機能+仕様書」
ただ、外部からソフトウェアの機能を利用するといっても、内部のコードまでは公開していません。

ですので、外部からは機能の使い方や仕様がわからないため、「こうすると機能を利用できます」「この機能はこのように使ってください」のような使い方を説明する必要があります。

またセキュリティの観点から、「このような使い方はできません」「このような使い方はしてはいけません」などのルールも定められています。

API」は、このような仕様やルールと一緒にまとめてweb上に公開しているものが一般的です。

よって、APIとは「機能+仕様書」と言い換えることができます。

インターフェースとは?
IT用語としてのインターフェースは、人間とコンピュータが接する部分のことを指します。

人間とコンピュータの境界にたって、情報をやり取りしてくれる役割をするものです。

具体的には、パソコンのキーボードやマウス、テレビのリモコンや駅の券売機などがインターフェースに当たります。

同じように、APIも「プログラマー」の代わりに「アプリケーションに情報や指示を出してプログラミングしてくれる」役割をしているため、「アプリケーションプログラミングインターフェース」と呼ばれている。