読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTMLのタグ集

タグとは<>で囲まれたもののことをいう。

!DOCTYPE html:ドキュメントタイプを宣言する
は、文書がHTML5で作成されたものであることを宣言するために、文書の先頭(タグより上)に記述するDOCTYPE宣言。
HTMLは、バージョンによって使用できるタグや属性が異なるので、DOCTYPE宣言でその文書がHTMLのどのバージョンで作成されているかを宣言しなければならない。

html:HTML文書であることを示す
htmlの直下にはheadとbodyがそれぞれ一つずつ必要。

head:文書のメタデータを集めたもの
メタデータとは、文書に関する情報のことで、例えば、title・base・link・style・metaなどが挙げられる。

body:文書本体

ここまでのサンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>HTML5サンプル</title>
</head>
<body>
  文書本体
</body>
</html>

title:文書のタイトル
一つの文書に一つだけheadの中に配置する。

meta:文書に関するメタデータ
属性
文字エンコーディング
charser属性は文字エンコーディングを指定する際に使用する。

<meta charset="utf-8">>

キーワード・説明

<meta name="keywords" content="HTML,CSS,JavaScript">
<meta name="description" content="HTMLのタグ集">

文書の作者

<meta name="author" content="takahiro itazuri">

コンテンツ言語

<meta http-equip="content-language" content="ja">

link:リンクする外部ソースの指定
属性
href
  リンクする外部リソースのURL
rel
  現在のファイルとリンク先の外部ファイルとの関係性を表すキーワード

<head>
  <title>タイトル</title>
  <link rel="stylesheet" href="stylesheet.css">
</head>